ちよ鳩
とりあえず(ちよるが)と呼んでくださいw
トレジャー製作【斑鳩】を参考に作ったゲームです。
ステージは1つしかありません(汗)

必要環境

OS:Windows98/ME/2000/XP
(要DirectX8.1以降)
CPU:PentiumV 700Mhz 以上
VGA:Direct3Dに対応した
    640*480・65536色が表示できる物で
    出来るだけ高速かつ、VRAM16MB以上
メモリ:128MB以上
操作:2ボタンパッド(キーボード操作、一応可)
HDD:約10MB

終了しました。

CONTROL

8方向レバーで自機(ちよ)の移動を行い、Aボタンで力の解放(攻撃)
Bボタンで自機の属性(白←→黒)を変更します。

キーボードの場合は、移動(矢印キー) A(Zキー) B(Xキー)


GAME SYSTEM
 
「ちよ鳩」はBボタンを押すごとに機体の属性を変化させることができます。
属性には、「白」と「黒」があり、自機が白属性の場合、白い敵弾を吸収
することができます。この時、黒い敵弾に当たると自機1機を失います。
(自機が黒属性の場合はこの逆)



敵の弾を吸収することによって、画面下方にあるパワーゲージが溜まります。
ゲージが一定量溜まった時にAボタンを押すと、溜まったパワーを
すべて放出する「力の解放」(ホーミングレーザー)を使うことができます。
パワーゲージは敵弾を5発吸収するごとに1ゲージ分溜り、1ゲージにつき
6発のホーミングレーザーが出ます。(ゲージ最大12個)
ゲージがなくなると攻撃出来ません。



このゲームについて・・・・・・・(オモイデ?)
『ちよ鳩』名作『斑鳩』のパロディ?作品、通常のショットは無く
斑鳩の特徴でもある同属性を吸収するシステム部分だけのシビヤなゲーム
『DX』製作中に新しいプログラマーが参加して、テストも兼ねて『ちよ鳩』が
作成されました。『あずぱね2』の時の企画内容で製作しましたが
プログラマーのこだわりもありかなり良いものになりました。
それにより、公開時たくさんの人がHPに来てダウンロード数もかなりの物になりました。
海外のHPでも紹介されストーリを公開しているわけでもないのにある海外の
HPでは、なぜかストーリが説明されていたりして、色々楽しかったです。



トップへ
トップへ
戻る
戻る